top of page
  • tsuyoki3838

筋トレとブロッコリーの関係【マッチョはブロる】

更新日:1月12日


ブロッコリー


マッチョの人はブロッコリーを食べる。

ビルダーの主食はプロテインとブロッコリー。

筋トレとブロッコリーの関係は?


こんな悩みにお答えします。

目次

筋トレとブロッコリーの関係
筋トレにブロッコリーが選ばれる理由
ブロッコリーをどれだけ食べる?
体験談
まとめ

1.筋トレとブロッコリーの関係

マッチョはブロッコリーをいつも食べています。

サッカーのクリスティアーノ・ロナウドなんて、お米と鶏肉とブロッコリーを順番に食べているそうです。なかやまきんに君も、ブロッコリーと鳥の胸肉が主食です。


とにかく、一流のマッチョ、アスリートはブロッコリーを好んで食べています。

それは何故なのか?↓


2.筋トレにブロッコリーが選ばれる理由

「野菜の王様」と呼ばれるブロッコリー。

他の野菜と比較して、筋トレに必要な栄養素が入っているからです。

・ビタミンB1とビタミンB6、ビタミンCが豊富
・タンパク質が多い
・女性ホルモンを抑えて男性ホルモンを増やす働き
・ケルセチンが多い(抗酸化作用、抗炎症作用、脂肪分解作用)

この4つが大きな理由です。


こうしてみると、筋トレに必要なものばかりですね。

力が出しやすかったり、カラダの糖をうまく消費したりする栄養素に加え、タンパク質も多い。極めつけは、女性ホルモンを抑えて男性ホルモンを増やす。まさに「筋トレ野菜」ですね。

ビタミンの教科書はこちら

3.ブロッコリーをどれだけ食べる?

1日の野菜の摂取は350グラムとされています。そのうち100gはブロッコリーを食べてもらいたいですね。


こう書かれると、

100gのブロッコリーってどれくらい?って思いますよね。

こういう物の量って、現実にはどれくらいかわかりにくいですよね。


目安は、だいたい1/4株です。

ブロッコリーは1株平均400gです。こう考えると、100gがわかりやすいですね。


4.体験談 

私自身、マッチョがブロッコリーを食べてるって知らなかったんです。

以前、「MBCてげてげ」に鹿児島マラソンランナー特集で取材を受けた時に、「走れるビルダー上木原孝さん」とご一緒しました。

この上木原さんに伺ったんです。

ストロベリーフィールズの美容師さんです。


ストロベリーフィールズの上木原さん
ストロベリーフィールズの上木原さん

それ以来、いろんなマッチョさんから、ブロッコリーというキーワードを聞いていました。

美味しいし、菜の花マラソンの沿道にも山盛りあるし。

こういうことだったんですね。


【豆知識】

野菜ばかりでは筋肉らしい筋肉ができなのでは?と思いませんか?

カールルイスは、菜食主義なのを知っていましたか?伝説のカールルイスの筋肉は野菜からできたと考えれば、野菜のタンパク質も素晴らしいですね。

5.まとめ 


ブロッコリーの断面図

筋トレとブロッコリーの関係は、

  1. ブロッコリーは栄養素満点で、特にビタミンB1・B6、ビタミンCが多く含まれています。

  2. タンパク質が多い

  3. 女性ホルモンを抑えて、男性ホルモンを増やす

  4. 抗酸化作用、抗炎症作用、脂肪分解作用が強い

具体的に解説↓

  1. ビタミンB1(カラダの糖質をエネルギーに変える)、ビタミンB6(筋肉や血液を作る)、ビタミンC(カラダのコラーゲンを作ったり、抗酸化作用抜群)

  2. タンパク質は筋肉作るのに必須

  3. 男性ホルモン増えれば、筋肉がつきやすくなりますね。女性だったら、運動前に食べれば、女性ホルモンが抑えられて筋肉がつきやすくなりますしね。

  4. 筋トレで出る活性酸素を中和してくれ、脂肪分解を促進するので、血管が浮くあのマッチョの体になります。


その為には、ブロッコリー1/4株食べればいいんです。もちろんもっと食べてもOK。

こんな感じです。


ナチュラルパワーってすごいですね。

閲覧数:80回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page