2021年
全九州高等学校水泳(競泳)競技大会【鴨池公園水泳プール】

200m自由形、400m自由形の宮﨑珀弥選手、100m自由形の本渡星宇選手。

惜しくもインターハイ標準記録に届かず。

しかし、今後につながる発見があった。

​今後に期待したい。

決勝に向けて全体で応援する為に集まる
鹿児島高校応援グッズ
IMG_20210718_065943771.jpg

​帯同を終えて…

鹿児島高校専属トレーナーとしての初めての帯同。

レース本番に向けて、1時間半前からウォーミングアップをし、

体と感覚をピークに持っていく。

ウォーミングアップ用プールやレーンが混雑している場合は、ダッシュを数本して切り上げる。心拍数を上げることが必要。

 

みんなのレースに対する取り組みが、ものすごくて驚いた。想像以上の調整をしていた。

 

それでも、自己ベスト更新や、目標としていたインターハイ標準記録を切れないことに悔しさいっぱいだった。
トレーナーとしてできることは何かを、改めて考えさせられた大会だった。

予選の疲労を抜きたいが、抜きすぎると力が入らなくなり、タイムが落ちる。各選手に合わせて、どこをどれくらい緩めるか、刺激をするか、疲労を抜くかを、ものすごくシビアに調整しないといけないと痛感。

私自身も、もっと水泳を勉強し、各選手のことを知らないといけない。

​私の学ぶべきものも、はっきり分かった大会だった。



 

IMG_4303.png