top of page

腰痛①

まるじゅうの佐竹です。

腰痛についてぶっちゃけます。ヘルニアとか脊柱管狭窄症とかよく聞きますよね。

腰が痛くて病院行って、レントゲン撮ったら、「これはヘルニアですねー」となるやつです。


では、レントゲンでヘルニアになっている。神経が圧迫されていることが目で見てわかる状態ですよね。 普通に考えて、手術しないと、神経の圧迫は取れませんよね。  「気でとります」とか「矯正したら無くなります」とか、たまに聞きます。


・・・・・それ、嘘ですからね(笑)  レントゲン撮ったら、依然と同じヘルニアの状態ですから。


なぜ巷にそんな非現実的なことをいう人がいるのか。 そう、痛みがとれているからです!


ヘルニアや狭窄症の診断を受けたら、ずーーーーーと痛みのか?



そんなことはありません。その時の痛みは、おさまることが多いと思います(程度によりますが)。


痛くなくなったから「ヘルニアが治った」は間違いです。

「ヘルニアあるけど痛みが治まった」が正解です。

現実は現実で、しっかり見ましょう(^^)/


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page