• tsuyoki3838

鹿児島競泳界の星たち

更新日:2020年6月29日

この二人、鹿児島競泳界TOP3に入る選手たち。令和2年6月21日鹿児島競泳AB級大会に出場する。佐々木選手と宮﨑選手だ。縁あって、施術とケアをさせて頂いている。佐々木選手は、メドレーの200mと400mの選手。柔らかい物腰と柔らかい筋肉の持ち主。体の仕上がりも上々で、鹿児島国体があれば、出場していたことだろう。中止ではなく延期になって何よりだ。

宮﨑選手は中長距離の自由形。小学校からケアをしている。最近、本当に体が大きくなりタイムもどんどん伸びている。体の大きくなる今は、タイムが伸びやすいと言われるが、フォームも変化する時期になる。日々の練習の質の高さと、周りの応援があり、上手に成長している。父親の熱意もすごく、素晴らしい関係性がよく分かる。体の仕上がりもよく、ベストを出してくるだろう。


二人とも、日々の練習において、自分に負けず限界まで追い込めているからこそ結果がついてきている。陸トレを見学させてもらったが、すごいものだった。単純に腕立伏せ一つを取ってみても、最後まで深く、そして速く水泳に合ったトレーニングをしている。最後まで攻める姿勢。素晴らしい。


選手自体も、今度の試合も、心から応援している。2人ともいい話を待ってますよ( ´∀`)自己ベストを出せば、結果はついてくるぞー!!!

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示